【小さなサロン集客】ブログを最大限に活かして成果をだすコツ!

 
小さなサロン




おひとりさまブロガー和泉

ブログSEO集客・ネット物販が得意です。
趣味はキャンプ・グルメ・一人旅・映画鑑賞。
どうぞよろしくお願いします。

「和泉からのお知らせ」

【遠回りしたくない人へ】月10万円稼ぐブログアフィリ戦略とは?

  • 今だけ!25,000円「パワーブログ講座」が無料で学べる
  • 和泉の複数サイトを公開して手法を説明

>>詳しくはこちらから

こんにちは、ブログコンサルタント兼おひとりさまブロガー和泉です!

小さなサロン経営のあなた、「ブログからまったく集客に繋がらない・・・」と悩まれていませんか?

私もブログを使った集客をやっていますが、きちんと戦略を考えてブログ運営することで月30件以上の問い合わせに繋げることに成功しています。

小さなサロンやビジネスの場合、ネットに広告を出sかチラシを出すかしないとダメと思ってるかもしれませんが、ブログを最大限に活かすことが出来れば、ブログを使ってサロン集客をすることは可能となってきます。

今回は、私が実際にやっているブログを使った集客方法を解説していきます。

【目次】小さなサロン集客でブログを活かして成果を出す方法

  1. ターゲットに読まれる記事を書くこと
  2. 強味を出すことも大事
  3. キーワードは、「地域+〇〇」で狙う
  4. 検索上位をとること

小さなサロン集客でブログを活かして問い合わせに繋げるには?

4本指

小さなサロン集客でブログを活かして問い合わせに繋げるうえで大事なことが「4つ」あります。

  1. ターゲットになる人に読まれる記事を書くこと
  2. 強味を出すこと
  3. キーワードは、「地域名+〇〇」で狙うこと
  4. 検索上位をとること

SEO知識を知っておくことや、アクセスを伸ばすことも大事ではあるけど、本当に大事なことは『ターゲットになる人に読まれること』です。

では、以下では、詳しくこの「4つ」について解説していきます。

小さなサロン集客でブログを最大限に活かす方法1.ターゲットに読まれる記事を書くこと

人々

小さなサロン集客に限らずですが、ブログ集客において、「ターゲットに読まれる記事」を書くことは一番大事なことです。

  • 例えば、あなたが大阪で美容院を経営していて、ブログで集客を考えているとします。

この場合、ブログ記事の内容に映画の話やグルメの話ばかりを書いてるブログだとどうでしょうか?

ブログに集まってくる人は美容院に興味のないお客さんばかりになってしまいますよね。

そうなると、集客の出来ないただ読まれて終わりのブログになってしまいます。

どうすれば良いのか?

では、どうすれば良いかというと、ブログ集客で美容院に来てもうためには、、、

  • 髪に関する知識を記事として書く
  • 実際にカットした写真を載せる、ポイントなどを詳しく書く
  • こんな髪型にはこんなカラーが合うといった記事を書く

などが良いです。

こういう記事を書いていくと、美容院に興味のあるお客さんに読んでもらえやすくなります。

小さなサロン集客でブログを最大限に活かす方法2.強味を出すことも大事

男性

ただ、美容院となるとライバルもかなり多いですし、髪に関する知識の記事ばかりでは太刀打ちできませんよね。

差別化を図るためには、他の美容院とは「ここが違う!」という強味を明確にすることが大事。

例えば、私はいつもベリーショートにしてもらっているのですが、ベリーショートの専門店があればいいのにとよく思っています。

というのも、女性が「髪を短くしたい」と担当の人にいうと決まって“どんぐり”みたいな丸いカットにされてしまうんですね。。。。

これ、私の悩みなんですが・・・・

もし、私の近所に『女性のショートカットが得意です』とアピールしている小さなサロンがあれば、私は喜んで行ってみよう!と思います。

つまり、『〇〇が得意です』というのを盛大にアピールしたほうが特徴が出て集客効果が高まりやすくなるということです。

盛大にアピールしよう

差別化が出来ていないと、小さなサロンは生き残れないですよね。

記事を書くにしても、例えば、ショートカットに関する記事を他の記事よりも多めに書くことで差別化に繋がります。

ショートカットの髪型一覧の写真とかを多く掲載したり。

店によって、『得意にしていること』は必ずあるはずです。

  • カラーがどこの店よりも豊富
  • シャンプーするとみんなが眠くなるくらい得意
  • 〇〇大賞を受賞した
  • 有名な〇〇さんをカットしたことがある
  • お客さんの顔に合った髪型にカットするのが得意

と言った感じで、ちょっとしたことでも良いのです。

その『得意』を求めているお客さんがいるんですね。それを盛大にアピールしてください。

ターゲットを絞り過ぎても大丈夫なのか?

「ターゲットを絞り過ぎても大丈夫なのか?」という声が聞こえてきそうですが、むしろ、“なんでも出来ます”というよりも“〇〇が出来ます”と絞ったほうが需要が高まりやすくなります。

例えば、美味しいカレーパンが食べたくなったとします。

お客さんとしてみれば、もし、カレーパン専門店が近所にあれば、スーパーで売っているカレーパンよりもカレーパン専門店に行きたくなりますよね?

なぜ、カレーパン専門店に行きたくなるかというと、「スーパーで売っているカレーパンよりも美味しいはず」とか「種類が多い」とかそういうメリットや期待を感じているからです。

また、「ここに行こう」と決めたお客さんなので、購買率もグッと高くなるし、わざわざその店に行きたいと決めていくので、他の店と比べて差別化ができています。

選ばれて来てもらう店にすること

  • 「何でもできます」は逆に、“誰にも選ばれない”
  • 「誰でも来てください」は逆に、“誰も来ない”

に繋がってしまいます。

ですので、小さな美容院であれば、「メンズ専門」とかに特化してしまうほうが、男性客を他の店よりも多く取り込むことが出来るようになります。

特徴のない店にすることで誰も来ない店になりますが、特徴のある店にすることで「選ばれて来る見せに」なるのです。

小さなサロン集客でブログを最大限に活かす方法3.キーワードは、「地域+〇〇」で狙う

街

そして次の小さなサロン集客でブログを活かす方法は、「キーワード“力”」を身に着けることです。

ネットで集客する上で「キーワードを制すること」は物凄く大事なこととなります。

  • 例えば、大阪梅田で美容院を経営しているとします。

どんなキーワードで検索上位を獲れば良いのか考えよう

どんなキーワードで検索上位をとればお客さんに繋がるのか考えてみてください。

梅田で美容院を経営しているのであれば、「梅田 美容院」のキーワード検索で検索上位がとれたら、ある程度の集客に繋がるようになります。

お客さんはお店を探す場合、たいていは「地域名+〇〇」で検索しますよね。

例えば、梅田でランチを出来る場所を探していたら、「梅田 ランチ」で検索します。

「ランチ」だけで検索することはまずないですよね。

「地域名+〇〇」キーワードが最強

ブログで小さなサロンやお店にお客さんを集客するのであれば、まずは「地域名+〇〇」で検索上位をとることを考えてください。

  • 「梅田 美容院」
  • 「天王寺 エステ」

など。

ただ、競合が多いサロンやお店の場合、“大阪 美容院”といった大きすぎる地域名で検索上位を狙うのはあまり良くないです。

例えば、私の場合、「美容院は家の近所が良い」と思っていますので、「大阪 美容院」で検索することはまずないです。

「大阪 美容院」で検索しない理由は、堺市や高槻市とか全然関係のない地域までが検索結果に出てきてしまうため、思っている美容院を探すことができなくなってしまうからです。

ですので、地域性の高い小さなサロンやお店が集客したい場合、地域に特化したキーワードで検索上位を狙うことで、地域のお客さんがお店に来てくれやすくなります。

小さなサロン集客でブログを最大限に活かす方法4.検索上位をとること

ブログ検索上位

小さなサロン集客でブログを使ってお客さんを呼び込むためには、検索されたいキーワードで検索上位をとることも非常に大事です。

例えば、小さなサロン集客の場合、上記の「地域名+〇〇」で検索上位をとれていれば、ある程度は集客に繋がるようになります。

しかし、いくら検索上位といっても、検索結果の1ページ目であればそれで良いというわけでもありません。

検索順位に対するクリック率

下記は、私のブログで検索順位に対して平均クリック率を出した結果です。

検索順位 平均クリック率
48.86
29.85
21.05
15.12
12.03
9.83
7.43
7.02
6.14
10 5.63

引用記事:検索順位でクリック率は驚くほど変わることがわかった

検索結果1位だと半数の検索ユーザーが閲覧してくれますが、10位ともなると、ほぼクリック率がなくなってしまいます。

この結果をみると、最低でも5位くらいにきておかないとサロン集客には繋がらいということになります。

どうすれば良いのか?

ただ、検索上位をとりたくても獲れない、そんな簡単な話ではないですよね。

検索上位をとるためには、

  • SEO対策をしっかりすること
  • ターゲットに読んでもらえるよう、キーワード選定をしっかり行う

そのうえで、記事内容を戦略的なものにすることがとても大事となってきます。

↓↓詳しくは以下の記事が参考になると思います。

関連記事:検索順位を上げる方法。7つのテクニック

いつでも、お客さんの立場に立って考えること

ここまで私が実際にやっている「小さなサロン集客でブログを活かしてお客さんを呼び込む方法」について解説してきました。

とにかく、どんな記事を書くか・キーワードにするかなど、まずは“お客さんの立場に立って考えること”が大事です。

その上で、記事でどうアピールしていくかも重要となります。

小さなサロンやお店のブログ集客はなかなか難しいと感じることも多いと思いますが、上記の点を考えることでお客さんを呼び込めるようになるので実践していくようにしてくださいね。

次のページ→「完全版!ブログ集客コツ「8つ」の方法で新規客を呼び込む」

【遠回りしたくない人へ】月10万円稼ぐブログアフィリエイト戦略とは?

『記事を書くだけで稼げるんでしょ?』って思っている方、大きな間違いです。

何も考えずに闇雲に記事を書いてるだけではブログで月10万円稼げることはほぼありません。

ブログアフィリエイトで月10万円稼ぐためには、最初の戦略が肝心となるのです。

私はコンサルや講座もやっており、これまでたくさんの方のブログ相談に乗ってきました。

  • 「100記事書いたのに、アクセスが全然伸びない」
  • 「毎日更新しているのに稼げない」
  • 「何がダメなのかまったくわからない」

等、そんな悩みをたくさん聞いてきたのです。

正直、100記事を書いたからと言っても、きちんと戦略を考え、ターゲットに届く記事が書けていなければ結果は出ませんし、無駄な記事ばかりを書いて、結果が出るまで遠回りをしてしまうことになります。

以下、心当たりはありませんか??

 

  1. 初心者だけど、稼げるブログ運営方法がわからない
  2. たくさん記事を書いているのに月10万円稼げていない
  3. サイト設計やキーワード選定・記事戦略のやり方がわからない
  4. そもそも稼げるジャンル・案件でやっているかもわからない
  5. 検索上位になる記事の書き方を理解していない
  6. 検索ユーザーの心理を理解していない
  7. 成約に繋がるアフィリリンクの貼り方を知らない
  8. ブログアフィリエイトの本質を知りたい
  9. 老後2000万円稼ぐためにブログを始めたい
  10. 月々の収入+豊かな生活を手に入れたい

※ 上記「1つ」でも当てはまった人、読み進めてください 

月10万円稼ぐには、サイト戦略を考えておくことが大事

半年後・1年後、しっかりと結果を出すためには最初にどんな方向性(戦略)でいくかをしっかり決めておくことが大事。

  1. 結果に繋げるための「サイト設計」
  2. ターゲットに届く「キーワード戦略」
  3. 報酬を発生させるための「記事戦略」

アフィリエイトで報酬を発生させるために必要なものは、膨大なアクセス数ではなく「集客力」です。

結局、アフィリエイトは「ブログで物を売る」ことなので、ターゲットとなるお客さんを呼び込み、購入させる記事作りが大事となります。

アフィリエイトで月10万円の成果に繋げるためには?

最初の戦略も大事ですが、アフィリエイトで成果に繋げるためには、「検索ユーザーが何を求めているのか」その答えを用意しておくことも大事。

例えば、商品の比較記事にしても、結局どちらがお勧めか答えがわからない記事よりも、「こっちが断然おすすめ」と、その理由と根拠でおススメされたほうが人は購入したくなりますよね。

記事を書くときは、お客さんが行動したくなる心理テクニックも理解しておかなければなりません。

和泉が培ったノウハウを公開!「月10万円稼ぐブログアフィリエイト戦略講座」

『ブログアフィリエイトで遠回りしたくない人へ』

  • 今だけ!25,000円の「パワーブログ講座」無料で学べます
  • 和泉運営の【サイト公開】あり

⇒「【和泉式】月10万円稼ぐブログアフィリエイト戦略講座」

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. 久保真介 より:

    こんにちは!久保真介です!

    有り難い記事です!

    教材で記事の書き方をちょこちょこ修正しながら新規記事を書いています!

    アウトプット頑張ります!

    • izumi より:

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      記事、参考になって良かったです。
      記事が書けたらぜひグループに投稿してくださいね^^

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です