脱初心者のブログアクセスアップ方法と裏テクニック公開。

 
ブログアクセスアップ方法

おひとりさまブロガー和泉
ブログSEO集客・ネット物販を得意とするネットビジネスのプロです。
趣味はキャンプ・グルメ・一人旅・映画鑑賞。
どうぞよろしくお願いします。

 

「和泉からのお知らせ」

少ないPV数でも確実に収益化・集客する『ブログ戦略講座』

  • 今だけ!25,000円で販売中『パワーブログ講座』が無料で学べる

>>詳しくはこちらから

こんにちは、おひとりさまブロガー和泉です。

今回は、私のクライアントさんのブログを1ヶ月で月5万PV増にさせたブログアクセスアップ方法と裏テクニックをご紹介します。

初歩的なことはほかのブログでも書かれていますので、ここでは、初歩的なことではなく、中級・上級者向けのブログアクセスアップ方法を押していきます。

初心者がすべきブログアクセスアップ方法とは?

今回は中級者・上級者がやっているブログアクセスアップ方法を解説していきますが、その前に基本的なアクセスアップ方法を簡単に説明します。

SEO対策をした記事を書く

前提に、SEO対策をした記事を書くのが、基本の方法です。

  1. 検索ボリューム数が稼げるキーワードを狙う
  2. そのキーワードで競合調査をする
  3. ユーザーの検索意図を理解した記事を書く
  4. 記事タイトルにもキーワードを入れる
  5. 文字数は最低2000~3000文字
  6. 見出しは正しく使う

→SEOに強い記事作りを学びたい方は「ブログの書き方12のコツ。SEOに強い記事作り!」を読んでみてください。

上記の項目を意識して記事を書くことでSEO対策することができ、検索上位を狙えるようになります。

検索上位を狙えるということは、ブログアクセスアップにも繋がるようになります。

ただ、上記のことだけをやっていても、アクセスアップを加速させるのに時間がかかったり、なかなか伸び悩んでしまうことがあるのです。。。

そこで、私のクライアントさんに教えて、「1ヶ月で5万PV増したブログアクセスアップ方法」を教えます。

では、以下から本題の中級者向けのブログアクセスアップ方法とテクニックを紹介します。

脱初心者のブログアクセスアップ方法とテクニック1.記事の文字数を減らして、更新数を増やす

1つ目のブログアクセスアップ方法は、「1記事の文字数を減らして、記事更新数を圧倒的に増やす」です。

記事更新数を増やすと理論的にもブログアクセスアップに繋がるのは当然ですが、「文字数を減らす」という点がミソとなります。

正直、記事を書くってとても大変ですよね?

私なんかも1記事書くだけで3時間かかることもザラにあります。そうなると、書くことが億劫になり、結果的に更新数が減ってしまうことになってしまいます。

更新数が少ないのは、ブログにとって良くない

Googleは、更新頻度の高いブログ、つまり、常に新鮮な情報を届けているブログが、ユーザーの為のブログと判断するわけですので、更新頻度の低いブログの検索順位は下がるようになってしまうわけですね。

ブログを放置していてもアクセスを維持出来ていることはあるけど、アップすることはほぼないです。もしろリスクのほうが大きい。

ブログアクセスアップを考えているならば、「更新数を増やす」それに尽きるわけですね。

1記事の文字数を減らす

私のクライアントさんのブログアクセスアップが急務になっていたころ、、、

1記事の文字数を減らして、月の記事更新数を大幅に増やすことになりました。

当初は、1記事3000文字の月20本更新をしていましたが、この案は、1記事1500文字で月40本の更新というものでした。

正直、1記事1500文字の記事が検索上位を狙えるのかというのは、「やってみないとわからない」と思っていたのですが、、、、

ドメインパワーが強くなり、検索上位を狙えるようになった

記事の更新数が増えたことで、良い現象が起きました。

  • ドメインパワーが強くなった
  • 検索上位に表示されることが増えた

この上記2点って、ブログアクセスアップをはかる上で、めちゃくちゃ大事なことなんですよね。

記事更新数が増えたことで、Googleがこのブログは更新頻度が高くてユーザーの為になっていると判断したことで、ドメインパワーが上がり、その結果、何を書いても検索上位を狙えるようになりました。

個人が挑戦するには

ただ、1記事1500文字を月40本となると、個人でやっている場合はなかなか難しいと想いますので、その半分、1記事1500文字、最低月15記事は更新すると、Googleにも評価されやすいかと思います。

2日に一回でも更新していると、やはりブログに人が集まりやすくなってきます。

「1記事の文字数を減らしてでも、更新数を増やす。」

このブログアクセスアップ方法、ぜひ、試してみてください。

脱初心者のブログアクセスアップ方法とテクニック2.徹底した次のページへの誘導

2つ目のブログアクセスアップ方法は、「徹底した、次ページへの誘導」です。

これ、意外とやっていない人が多いんです。非常にもったいないことだと思ってしまいます。

私のクライアントさんでも「次のページへの誘導」は徹底してもらっており、これをしたことでPV数を伸ばすことに成功しています。

次のページへ誘導するメリットとしては、、、

  • PV数アップに繋がる(ブログアクセスアップになる)
  • リンクを貼ることで内部SEO対策になる

詳しく説明していきましょう。

PV数アップに繋がる

次のページに誘導をすることは、「PV数アップに繋がる」。

このメリット、ほんとに凄いと思います。

例えば・・・

あるキーワードで検索結果からユーザーがある記事に訪問したとします。

そのユーザーは記事を読んで、「この記事、凄く良かった」と思ったとします。

しかし、次のページへの誘導がないため、そのユーザーは1記事だけを読んでそのページを離脱してまいました。

上記の例は、とても残念ですよね。

もしかしたら、そのユーザーは2、3記事と続けて読んでくれたかもしれません。そうすると、3PV損をしたわけです。

こういう例が、100記事分あったとしら、次ページへの誘導をしていないだけで、さらに100、200PVと損したことになる可能性もあるわけですね。

ですので、機会損失にもならない為に、「次のページ」を読ませる工夫をする必要があるわけですね。

内部SEO対策になり、検索順位が上がる

また、「次のページ」へのリンクは、内部SEO対策にもなります。

極端な話、1記事9000文字の記事があるとして、その記事を3記事(1記事3000文字)に分割します。

その3記事に分割した記事を「次のページ」として関連リンクとして貼ることで、Googleの評価がグッとあがり、検索上位に躍り出ることが多くなります。

この手法は、ほんとに効果が高いので、「次のページ(関連リンク)」を貼らない手はないです。

次のページの貼り方について

では、実際にどのようにして「次のページ」への誘導をしているか、貼り方についても解説しますね。

まずは、どこに貼るかについてですが、、、

  • 記事下
  • 記事中

「記事下」で貼る場合は、以下の感じです。

記事下の最後に、その記事の次に読んで欲しい記事をリンクさせます。

私は「次のページ」と誘導していますが、「こちらの記事も読んでみてください」と誘導することもあります。

「記事中」で貼る場合は、以下の感じです。

記事中に貼る場合、「こんな記事もあるんだ」って知ってもらう意味合いと、「内部SEO対策」の意味合いと2つの意味があります。

「関連記事:リンク」として貼っても良いですし、私もその時々によって貼り方を変えています。

「次のページへの誘導」はSEO対策、ブログアクセスアップにも繋がるので、やっていない人は絶対やってくださいと言いたいです。

脱初心者のブログアクセスアップ方法とテクニック3.3つの複合キーワードで上位を狙う

3つ目のブログアクセスアップ方法は、「3つの複合キーワードで狙う」です。

初心者さんでよくあることが、キーワード選定をする際、“検索ボリューム数が大きい”ものを選びがちということがあると思います。

  • 検索ボリューム数が大きいと判断する基準としては、私の場合は、500以上になります。

大きなボリューム数を狙いたい気持ちはわからなくもないのですが、500以上のボリューム数があると、ライバルも多く、一筋縄で上位を獲ることは難しいかなと思います。

そのため、複合キーワードで狙ってから、大きなボリューム数を狙っていく形が効果的となります。

具体的には・・・

例えば、「iPhone 使い方」というキーワードがあります。

このキーワードはボリューム数でいうと月間4400と大きいですよね。

このままこのキーワードで狙いたいところですが、ここまでボリューム数が多いと、ライバルが多く、なかなか太刀打ちできません。

そこで、3語以上の複合キーワードで絞って検索ボリューム数を落とします。

  • 「iPhone 使い方 初心者」にすると、ボリューム数が390と小さくなりました。

これで、だいぶ狙いやすくなったと思います。

検索ボリューム数を落とすことで、検索上位を確実に狙いやすくすることが出来、大きなボリューム数で狙って検索圏外などになるよりも、小さなキーワード上位を狙ってアクセスを集めていく、このやり方一番です。

最近のGoogleの傾向

最近のGoogleの傾向として、、、

例えば、「iPhone 使い方 初心者」や「iphone メール 使い方」といった複合キーワードで検索上位にきた場合、最終的に「iPhone 使い方」の大きなキーワード表示されることが多くなっています。

最近のGoogleの傾向も踏まえて、まずは、小さなキーワードで確実に上位を狙うことが最重要となり、ブログアクセスアップへと繋がるようになります。

次のページでは「これだけはやっておきたい!ブログアクセスアップ方法」についてさらに解説しています。

脱初心者のブログアクセスアップ方法とテクニック4.過去記事のリライトをする

4つ目のブログアクセスアップ方法は、「過去記事のリライト」です。

これもやっていない人が多い項目だと思います。

どうしても記事数が増えてくると面倒な作業ですよね。。。

面倒な気持ちはわかるのですが、「リライトしないとブログは育たない」んですよ。

最大のメリットは、検索順位が上がる

私はクライアントさんの記事のリライト作業を月2回20記事分をやっていますが、80%の確率でリライトすることで検索順位が上昇しています。

記事を書いて公開して、そのまま放置では、なかなか検索上位は狙えません。

私の場合、検索上位になるまでに、2、3回はリライトして検索上位を目指します。

Googleは、新鮮な記事が好き

また、Googleは、新鮮な記事が好きな傾向にあるんですね。

例えば・・・

梅田のランチ情報を探していて、「2010年に書いたままの記事」と、「2018年に書いた記事または2018年に更新した記事」、どちらが情報の信用度は高くなるでしょうか?

Googleは当然ながら2018年の記事を上位にもってきたいと考えるはずです。

または、きちんと定期的に更新されている記事を上位にもってきたくなりますよね。

事実、検索結果には、2010年、2011年といった古い記事は少なくなっていると思います。

記事は常に新鮮でないといけないんですよね。そういった意味でもリライトが必要となります。

どの点をリライトすべきか

では、実際にどの点をリライトすべきか説明しますね。

以下は私がいつもリライトする際に気を付ける点です。

  1. 記事タイトルをさらに左詰めにする
  2. 記事タイトルをクリックしたくなる魅力的なものにする
  3. 見出しのキーワードの増減を調整する
  4. 必要に応じて文章を追加させる

だいたいはこの4点を気を付けるようにしています。

記事タイトルは大事なSEO対策の1つですので、記事タイトルとくに変更することが多いです。

記事タイトルを変更するだけでも検索順位が上がることもあるので、いまいち順位が伸びにくい方は試してみてくださいね。

脱初心者のブログアクセスアップ方法とテクニック5.ページ分割する

5つ目のブログアクセスアップ方法は、「ページ分割をする」です。

私のブログではあまりページ分割を取り入れていないのですが、ページ分割は大手ブログでは取り入れている場合が多いですよね。

PV数が伸びる

ページ分割をするメリットは、「PV数が伸びる」です。

これが最大のメリットではあるのですが、ただ、文字数が少ない記事にはページ分割はあまりお勧めしません。

例えば、1記事1000文字しかない記事を2分割にしたら、読む側としては「めんどくさ!」ってなりますよね。

大手企業が運営しているようなブログでは、「一体、何分割するんや!」ってくらいやってますが、ほどほどにしておくのもユーザーの為かなと私は思います。

ですので、1記事6000文字あるような長文記事を2分割する分には問題ありませんし、むしろ、読みやすさも出てくるようになります。

モバイルフレンドリーに対応できる

最近、「モバイルフレンドリー」という言葉もありますが、検索ユーザーの大半がスマホでブログやサイトを閲覧するようになっていますよね。

モバイルフレンドリーとは?

「スマホで見やすいページの評価を上げる」アルゴリズムのことです。

スマホに対応にしたサイト作りをGoogleが推奨しているわけですが、「1記事あたりの文字数が長い」というのも“ユーザーの為にはならない”という考えもあります。

ただ、長文記事はSEO的には強いのは確かですが。

ですので、長文にし過ぎた!ってときは、ページ分割を取り入れることで、「モバイルフレンドリー対策」になるということですね。

積極的に取り入れていきたいというより、状況によって取り入れていくと良いです。

収益性が上がる

大手企業のブログやサイトがこぞってページ分割をやっている理由として大きいのが、「収益性が上がる」という点です。

大手企業のブログやサイトは、収益をあげてなんぼなので、「広告」を出来るだけたくさんのユーザーに見てもらいたいと思っているわけななんですね。

そうすると、1記事3000文字の長文の場合だと、ユーザーが「広告」を目にする機会が1回だけになることもありますが、1記事3000文字の記事を3分割にすることで、3回、ユーザーに広告を見てもらえるようになります。

  • アドセンスを貼ってる場合や、広告に誘導したい場合は、ページ分割をすることで、収益性が増すということになります。

事実、私のクライアントさんでも一部ページ分割をしてもらっているですが、広告を目にしてくれる人が倍近くに増えました。

ページ分割する方法

ページ分割する方法はいたって簡単です。

「TinyMCE Advanced」というプラグインを入れることで、ワードプレスの記事編集画面に「改ページ」のマークが出てくるのでこれを挿入させるだけでページ分割ができます。

SEO的にも問題はない

ページ分割はメリットがとても大きいのですが、まだ個人ブロガーの取り入れが少ない要因としては、やはり、「長文記事がSEOに強い」という意見が多いからだと思います。

しかし、実際には、ページを分割したからといって、SEO的には問題はありません。

私のクライアントさんのブログで一部ページ分割をしていますが、むしろ、検索上位にきている記事が多いと感じています。ドメインが強くなってきたのもあると思います。

ですので、私の見解としては、ある程度、記事数が増えてきて「ドメインが強くなってきた」って方はやってみる価値は十分にあると感じています。

結果を出したいなら、実践することが大事

ここまでブログアクセスアップ方法を解説してきましたが、結局のところは、やってみることが大事なんです。

私も試行錯誤をしてきて今があります。

ページ分割をしたらどうなるか、1記事の文字数を少なくしたらどうなるか、こういうのも自身で経験してこそ初めて結果がわかります。

こうやって記事で紹介はしていますが、本気でブログでアクセスアップをしたい!って思っている方は、今日紹介した中で気になる項目があったら今すぐにでも実践してみてください。

そして、効果があれば、この記事にコメントください。

「まずはやってみる」ことです。あなたの成功話、お待ちしています。

次のページ→検索順位を上げる方法。7つのテクニックで上位を目指す!

「和泉からのお知らせ」

少ないPV数でも確実に収益化・集客する『ブログ戦略講座』

  • 今だけ!25,000円で販売中『パワーブログ講座』が無料で学べる

>>詳しくはこちらから

当ブログで使用中のサーバーは??

表示速度が断然速い

SEO効果アップ

無料お試し期間あり

エックスサーバー です。

 

Copyright© ブログアクセスアップと収益化を学ぶ , 2018 All Rights Reserved.