2019/01/08

複合キーワードを調べるツールで、検索上位をとる記事を書く方法!

 
花柄画像

おひとりさまブロガー和泉
ブログSEO集客・ネット物販を得意とするネットビジネスのプロです。
趣味はキャンプ・グルメ・一人旅・映画鑑賞。
どうぞよろしくお願いします。

 

「和泉からのお知らせ」

少ないPV数でも確実に収益化・集客する『ブログ戦略講座』

  • 今だけ!25,000円で販売中『パワーブログ講座』が無料で学べる

>>詳しくはこちらから

ブログコンサルタント兼おひとりさまブロガー和泉です!

今回は、「複合キーワードを調べるツールで、検索上位をとる記事を書く方法」を解説します。

実際に私もやってい方法ですので、ぜひ、参考にしてください。

複合キーワードとは?

まずは、「複合キーワードとは?」について説明します。

複合キーワードとは

2つ以上のキーワードを合わせたキーワードのことを言います。

例えば、「ブログ」の単体キーワードで複合キーワードを調べると、、、

「無料 ブログ 作成」「ブログ 作る」「ブログ 作成 おすすめ」と言った感じで、2つ以上のキーワードが出てきます。

つまり、複合キーワードというのは、単体キーワードの「関連キーワード」を合わせたものとなります。

キーワードプランナー

複合キーワードを調べることが出来るツールは、、、

  • Googleキーワードプランナー
  • Googleサジェスト

など、いろいろあります。

ツールについては後ほど、詳しく説明しますね!

なぜ、複合キーワードを調べるツールで記事を書いたほうがいいのか?

なぜ、複合キーワードを調べて記事を書いたほうがいいのか?

  1. 単体キーワードでは検索上位を狙いにくい
  2. 複合キーワードのほうが競合が少なく検索上位になりやすい
  3. 複合キーワードで狙っても大きなキーワードで検索上位に上がってくることがある
  4. 複合キーワードで書いたほうが、記事内容がブレにくい

と言ったメリットがあるため、複合キーワードで記事を書いたほうが良いです。

以下では、さらに詳しく解説していきますね!

複合キーワードを調べるツールで書いたほうがいい理由1、単体キーワードで検索上位を狙うのは難しい

単体キーワードとは、その名の通り、1つの単語のキーワードをさします。

例えば、「パソコン」「iPhone」「グルメ」といった感じです。

もし、単体の「iPhone」のキーワードで検索上位を狙って記事を書いた場合、高い確率で検索上位を狙うことは難しいと言えます。

なぜかというと、一ヶ月に検索されている回数が多い(競合が多過ぎる)からです。

キーワードプランナー

検索される回数が多過ぎるキーワードはやはり競合が多いため、ドメインの強い有名ブログにしかなかなか太刀打ちできません。

そうなると個人で戦っているような人は、複合キーワードを調べて記事を書いたほうが検索上位を狙いやすいということが言えます。

ただ、例外もあって、単体キーワードでも、検索ボリューム数が50・100と少ないものは単体キーワードで狙っても検索上位を狙えることがあります。

複合キーワードを調べるツールで書いたほうがいい理由2、競合が少なく、検索上位を狙いやすい

単体キーワードよりも、複合キーワードのほうが競合が少なく、検索上位を狙いやすい傾向にあります。

  • 複合キーワードのほうが競合が少なくなる理由は、合わせるキーワードを2つ以上にすることで「月間検索アクセス数が減る」傾向にあるからです。

例えば、上記の「アフィリエイト」単体キーワードでは、月間検索アクセス数が110000と多い分、やはり競合が多いということが想像がつきますよね。

しかし、「アフィリエイト 稼ぐ コツ」と複合キーワードにするだけで、月間検索アクセス数が90と下がり、その分、競合は少なります。

キーワードプランナー

競合が少ないということは、個人でも検索上位を狙いやすくなるんですね。

検索上位をとらないと意味がない

月間ボリューム数の多い単体キーワードで検索上位を狙いたい気持ちは痛いほどわかるのですが、競合が多くなると、そもそも記事を書いても検索上位になることはないんです。

そうなると、せっかく書いた記事が誰にも読まれない記事になり、何のためにボリューム数の多いキーワードを選んだのか?ということになります。

読まれることを意識するためにも、検索上位を狙える「複合キーワードで狙う」ことをお勧めしています。

複合キーワードを調べるツールで書いたほうがいい理由3、大きなキーワードで検索上位になることがある

例えば、複合キーワードで記事を書いたとしても、最終的に大きなキーワードで検索上位を狙えることがよくあります。

ただ、単体キーワードでも検索上位をとるためには条件があるようです。

  1. まずは、複合キーワードで検索上位にいくこと(1~3位くらい)
  2. 大きなキーワードで検索された時に記事の検索意図があっていること

以下は私の記事ですが、、、

・複合キーワード「SNS 集客 方法」で記事を書きました。

Googleの検索結果で2位になっています。

検索結果

複合キーワードで記事を書いたわけですが、、、

・「SNS集客」のキーワードでも3位と検索上位に。

検索結果

このように、「SNS 集客 方法」を求めている人は、「SNS集客」として検索する人が多いということがわかります。

ただ、当たり前ですが「SNS」というキーワードでは検索上位にはいくことはありません。

なぜかというと、検索意図が変わってくるからです。

「SNS」と単体で検索する人が「SNS集客」記事を求めているわけではなく、SNSの種類が知りたかったり、違う検索意図があります。

複合キーワードを調べるツールで書いたほうがいい理由4、記事内容がブレにくい

複合キーワードで記事を書いたほうが記事内容がブレにくい傾向にあります。

例えば、「アフィリエイト 初心者 ブログ」と細かく複合キーワードで絞ったほうが、「アフィリエイト ブログ」のキーワードで記事を書くよりも、“初心者に向けて書く記事”ということを意識して記事を書けるようになります。

そういう意味でも、複合キーワードで絞ったほうが記事は書きやすくなるし、検索意図にぴったりあった記事があ書けるようになりますね。

ですので、私も記事を書くときは、ほとんどが“3語の複合キーワード”で書いてターゲットをわざと狭くして、検索上位を狙っています。

検索ボリューム数はどれくらいの数を狙うべきか?

これも気になる点ではあると思いますし、実際によく質問されます。

私の場合、小さな検索ボリューム数でも記事をどんどん書くようにしています。

何故かと言うと、検索上位を狙いやすいというのもありますが、記事を書いてみると、検索ボリューム数よりも「アクセス数が多い」ことが多いからです。

例えば、どのくらい小さな検索ボリューム数で書いているかというと、、、

・「検索順位 上がらない」のキーワード 検索ボリューム数90

キーワードプランナー

今は検索結果、3位に。

月間検索ボリューム数は90と少ないですが、昨日だけで10アクセスありました。

つまり、この1記事だけで月に300アクセス見込めているということになります。

キーワードプランナーの数字は小さくても、実際はもう少し検索数が多いことが多いのでそれ以上は見込めると考えてOKです。

・「10000文字」のキーワード 検索ボリューム数30

キーワードプランナー

こちらも検索結果は3位に。

月間検索ボリューム数は30とかなり少ないですが、こちらも昨日だけで7アクセスありました。

つまり、この1記事だけで月に210のアクセスを見込めるということです。

小さな検索ボリューム数で書いても、実際は検索ボリューム数よりも多いことが多く、検索ボリューム数というのは、“あくまでも参考値”ということになるので、20でも30でも狙って大丈夫です。

複合キーワードを調べるツールの紹介

では、ここで複合キーワードを調べるツールを紹介します。

ここまで「複合キーワードで記事を書いたほうがいい」という話をここまでしてきましたが、では、どうやって「複合キーワードを調べるのか」を解説していきますね!

複合キーワードは、ツールを使うことでたくさん調べることが出来ます。

  1. Googleキーワードプランナーで調べる
  2. Googleサジェストで調べる
  3. おむすびで調べる
  4. Googleの検索窓で調べる

上記4つがおすすめのツールです。

1.Googleキーワードプランナー

キーワードを調べるツールとして最も有名なのがGoogleキーワードプランナー。

このツールは実質有料になってしまいましたが、アドワーズ広告を出していると使うことができます。

月数百円の広告費だけで使えるので出してみるのもお勧めです。

キーワードプランナー

「梅田グルメ」と調べると、さらに関連性の高い複合キーワードが表示されます。

2.Googleサジェスト

こちらは無料ツールなので使いやすいです。

細かな複合キーワードを調べるならやっぱりGoogleサジェストですね。私も頻繁に使います。

Googleサジェスト

ただ、Googleサジェストの場合、時間帯によってはサーバーが込み合って使えないのでそんな時は別のサジェストを使うこともあります。

3.おむすび

こちらも無料ツールです。おむすびはマインドマップ風になっていて、視覚的に見れるので、わかりやすいのが特徴。

キーワードプランナー

赤のキーワードがとくに強く、黄色のキーワードがその次に強い、文字が大きいほど強い、ということです。

4.Googleの検索窓

Googleキーワードプランナーで複合キーワードが出てこなかった時、「Googleの検索窓の検索候補キーワード」を活用します。

サジェストと似ていますが、こちらで見たほうが早いのでこちらを活用することも。

  • Googleの検索候補キーワードは、検索されている回数が多いキーワードが表示されているので、参考になります。

検索窓

検索結果の関連する検索キーワードもおすすめ

1ページ目の検索結果に表示される「関連する検索キーワード」もおすすめ

Googleキーワードプランナーやサジェストに出てこなかったとしても、ここを確認すれば、検索されているキーワードがわかるので便利です。

検索結果

気が付かない人も多いですが、Googleの検索結果の下の関連キーワードも使えます。

ブログ記事を書くときに役立てることができます。

Googleの検索窓や、検索結果は意外と「複合キーワード」を調べるのに便利なんですよね。

おまけ:知恵袋サジェストでキーワードを調べる方法

知恵袋のサジェストは、思いがけないキーワードに出会えることもあるので面白いと思います。

ただ、どのキーワードで書くかの選別は必要です。

知恵袋サジェスト

閲覧数で関心のある記事なのか確認することが出来る

知恵袋サジェストで見極めるときは、「閲覧数」で人気があるキーワード確認することができます。

知恵袋サジェスト

キーワードを決めるには?

知恵袋サジェスト

1.まず、キーワードになる箇所を「大阪 梅田 オススメ グルメ」確認します。

2.キーワードツールを使って調べてみましょう。

キーワードプランナー

このままだと、検索ボリューム数が出てきません。

3.ここで頭を少しひねって“オススメ”を“おすすめ”とひらがなに変換します。

「梅田 おすすめ グルメ」とします。

キーワードプランナー

そうすることで、検索ボリューム数が320でてきました。

知恵袋からキーワードを探すときは、“キーワードに変換する”ことも頭に置いておかないとダメですが、視点を変えることで、良いキーワードに出会えることがあるので色々試してみてください。

最後に

ここまで「複合キーワードで記事を書いたほうがいいよ」という話をしてきました。

検索ボリューム数が少ない単体キーワードは検索上位を狙いやすいのですが、単体キーワードで検索ボリューム数が多い場合は、「複合キーワードで狙う」ことで検索上位を狙いやすくなります。

もし、なかな検索上位を狙えていないな…と思っている方がいましたら、「複合キーワード」で記事を書くようにしてみてください。

キーワード選定方法について、「最強SEO対策!キーワード選定方法のコツ」記事で詳しく解説しているので、良かったら読んでみてください^

【番外編】少ないアクセス数でも集客・収益化に繋げるためには?

ブログで集客・収益化する上で本当に大事なことは、「アクセス数を増やす」ことでもなく「SEO知識をたくさん知る」ことでもありません。

※もちろん知識を知っておくことは必要です

いかに、“お客さんに届く記事を書いて、誘導することが出来るか”ということが大事になってきます。

アクセス数については、ターゲット層が見るだけの需要分のアクセス数さえあればOKなのです。

いくら月間10万PVあったとしてもお客さんとなる人に読まれていなかたったら結局は集客・収益化には繋がりません。

私は複数ブログを運営しており、そのうち3つのブログは需要分のアクセス数で運営していますが、毎日のように問い合わせや成約に繋げることが出来ています。

需要分のアクセス数だけで、問い合わせや成約に繋がっているブログの特徴

以下は実際に私が運営しているブログの特徴と検索順位です。

需要分のアクセス数で運営しているブログの特徴

  • お客になる人に読まれるキーワードで運営している
  • 月間アクセス数が少なくてもOK(需要分のアクセス数のみ)
  • 1記事の文字数が500文字程度と少ない
  • サイト全体(トップページ)で検索上位に表示されている

検索順位

上記のような感じで、検索上位をとることに成功しています。

アクセス数が少なくても良い理由

正直、この運営方法はアドセンスで稼ぎたい人には向きません。

というのも、需要分のアクセス数だけを稼いで集客や収益化に繋げているからです。

  • 例えば・・・ブログのコンサルをしてくれる人を探しているお客さんは、Googleの検索窓に「ブログ コンサル」などと検索しますよね?

「ブログコンサル」の月間検索ボリューム数は「170」、これが需要分のアクセス数になります。

つまり、「ブログコンサル」のキーワードで検索上位をとれていれば、仕事を獲ってこれるので、月間アクセス数は「170」と少なくても良いということです。

いかに、ターゲットとなる人(客)にきちんと届くキーワードで検索上位にもってくることが出来るかということが成功に繋げるための秘訣となります。

和泉が成果を出している「少ないアクセス数で収益化・集客する手法」講座

  • 今なら豪華スペシャル特典あり!
  • 【サイト公開】あり

⇒「ブログ集客・収益化に特化したブログ戦略講座」

当ブログで使用中のサーバーは??

表示速度が断然速い

SEO効果アップ

無料お試し期間あり

エックスサーバー です。

 

Copyright© ブログの収益化と集客方法を学ぼう! , 2018 All Rights Reserved.