2019/01/08

【ブログのアクセスが増えない原因7】オリジナル性がない問題

 
アイキャッチ画像




おひとりさまブロガー和泉

ブログSEO集客・ネット物販が得意です。
趣味はキャンプ・グルメ・一人旅・映画鑑賞。
どうぞよろしくお願いします。

「和泉からのお知らせ」

少ないPV数でも確実に収益化・集客する『ブログ戦略講座』

  • 今だけ!25,000円で販売中『パワーブログ講座』が無料で学べる

>>詳しくはこちらから

こんにちは、ブログコンサルタント兼おひとりさまブロガー和泉です!

今日も、これまでたくさんのブログ相談を受けてきた上で感じた「ブログのアクセスが増えない原因とその問題」について解説していきたいと思います。

今回のテーマは「オリジナル性がない問題」についてです。

では、早速、解説していきます。

ブログのアクセスが増えない原因、オリジナル性がない問題

今回のテーマは「記事のオリジナル性がない問題」についてです。

ブログのアクセスが増えない原因の1つに、記事のオリジナル性がないことが問題になることがあります。

数々のブログ相談を受けてきた中で色んなブログを拝見してきましたが、、、

「ずっと更新をし続けて、100記事超えてるのにアクセスが伸びない」という人のブログを見ると、たいていは「このブログ、特徴がないな…」という感想になることが多いです。

どんな記事がオリジナル性がない?

では、一体、どんな記事がオリジナル性がないかというと・・・・

  • 当たり障りのない内容を書いている
  • どこかで読んだような内容を書いている
  • 自分の感想や想ったことを書いていない
  • 引用ばかりしている
  • トレンドブログ

上記のような記事は「オリジナル性がないな」と感じてしまう記事です。

引用ばかりしているサイトって本当によく見かけますが、読んでる側としては、このブログを書いてる人って「あまり知識を持ってないんだな」っていう風に思って、次のページを読もうとは思わなくなります。

そして、どこかで読んだような内容や当たり障りのない内容になってしまっている記事は、「さっきも似たような記事読んだ」「面白くない」と思ってしまいます。

トレンドブログについては、個性を出しにくい面もありますが、芸能ネタなどになるとどうしても似たり寄ったりで面白さに欠けますよね。

正直、記事内容ってどこも同じようなものが多いのは事実です。

その中で、オリジナル性を出していけないと、検索ユーザーの印象にも残らないし、次のページを読もうとも思いません。

では、どのようにしたら、オリジナル性を出せるかについて次の項目で解説します。

記事にオリジナル性を出す方法

記事にオリジナル性を出す方法として、以下の2点がおすすめです。

  • 自分が感じたこと・想ったこと・考えてることを書く
  • 体験記事を書く(検証や、やってみた系)

例えば、グルメ記事を書くにしても、ただお店の情報と普通に「美味しかった」って書いても別に面白くないですよね。

食べログやぐるなびにはない情報を入れるだけでオリジナル性を出すことが出来ます。

体験した人しか書けない情報を書く

例えば、私がやっていることは、グルメ記事なら、バリアフリー情報を書く、禁煙情報を書く、混雑情報を書く、客層を書くなどを書くようにしています。

この情報って食べログには載ってないんです。その店に行った人しか書けない情報をそこに書くことでオリジナル性を出すことが出来るようになります。

ただ「美味しかった」って書いたり写真を載せるのは誰でもできます。自分なりの視点で書くことが大事なんです。

グルメ記事だけでなく、例えば、ノウハウ系の記事を書くにしても、自分が経験して成功したこと・失敗したことを記事に織り交ぜるだけで、その内容は読者にとって有益な情報になり、面白さを感じることが出来ます。

やってみた、検証系の記事をたくさん書こう

検索ユーザーが求めていることは、当たり障りのない内容の記事ではありません。

例えば、検索ユーザーが、賞味期限切れの玉子を食べてしまったとします。

そのユーザーは心配になってネットで「賞味期限切れ 玉子 食べた」とかで検索します。

そこで、当たり障りのない「賞味期限が切れても本来なら○日以内なら大丈夫」て書かれている記事よりも、実際に賞味期限切れの玉子を食べた人の体験談があったら、「どうなったのかな?」という思いで、その記事を読みたくなるかと思います。

ブログのアクセスが増えない問題、自分の想いや考えをたくさん書こう

なんか面白くないなって感じる記事はたいていは自分の想いや考えが書かれていません。

自分の想いや考えはたくさん書いて大丈夫なんです。

ユーザーが求めていることは、ふつうの記事ではなく、「どうだったのか?」ということがきちんと書かれている記事なんですね。

グルメ記事にしても、「美味しかったのはわかった」って感じなので、店員の態度はどうだったか?禁煙状況はどうなのか?何時頃が一番混雑しているのか?そういう点をしっかり書いているブログ記事だと内容が充実していて読んでいて楽しいと思います。

ふつうの内容にプラスαして自分の感想をしっかり書くことで、ファンになってもらえたり、次のページを読んでみよう!というアクションに繋がるので、出来ていなかったっていう人は、ぜひ、実践してみてくださいね。

【番外編】少ないアクセス数でも集客・収益化に繋げるためには?

ブログで集客・収益化する上で本当に大事なことは、「アクセス数を増やす」ことでもなく「SEO知識をたくさん知る」ことでもありません。

※もちろん知識を知っておくことは必要です

いかに、“お客さんに届く記事を書いて、誘導することが出来るか”ということが大事になってきます。

アクセス数については、ターゲット層が見るだけの需要分のアクセス数さえあればOKなのです。

いくら月間10万PVあったとしてもお客さんとなる人に読まれていなかたったら結局は集客・収益化には繋がりません。

私は複数ブログを運営しており、そのうち3つのブログは需要分のアクセス数で運営していますが、毎日のように問い合わせや成約に繋げることが出来ています。

需要分のアクセス数だけで、問い合わせや成約に繋がっているブログの特徴

以下は実際に私が運営しているブログの特徴と検索順位です。

需要分のアクセス数で運営しているブログの特徴

  • お客になる人に読まれるキーワードで運営している
  • 月間アクセス数が少なくてもOK(需要分のアクセス数のみ)
  • 1記事の文字数が500文字程度と少ない
  • サイト全体(トップページ)で検索上位に表示されている

検索順位

上記のような感じで、検索上位をとることに成功しています。

アクセス数が少なくても良い理由

正直、この運営方法はアドセンスで稼ぎたい人には向きません。

というのも、需要分のアクセス数だけを稼いで集客や収益化に繋げているからです。

  • 例えば・・・ブログのコンサルをしてくれる人を探しているお客さんは、Googleの検索窓に「ブログ コンサル」などと検索しますよね?

「ブログコンサル」の月間検索ボリューム数は「170」、これが需要分のアクセス数になります。

つまり、「ブログコンサル」のキーワードで検索上位をとれていれば、仕事を獲ってこれるので、月間アクセス数は「170」と少なくても良いということです。

いかに、ターゲットとなる人(客)にきちんと届くキーワードで検索上位にもってくることが出来るかということが成功に繋げるための秘訣となります。

和泉が成果を出している「少ないアクセス数で収益化・集客する手法」講座

  • 今なら豪華スペシャル特典あり!
  • 【サイト公開】あり

⇒「ブログ集客・収益化に特化したブログ戦略講座」

当ブログで使用中のサーバーは??

表示速度が断然速い

SEO効果アップ

無料お試し期間あり

エックスサーバー です。

 

Copyright© ブログの収益化と集客方法を学ぼう! , 2018 All Rights Reserved.