2018/10/04

Googleで検索上位になる仕組み、対策前に知るべき事。

 
仕組み

おひとりさまブロガー和泉
ブログSEO集客・ネット物販を得意とするネットビジネスのプロです。
趣味はキャンプ・グルメ・一人旅・映画鑑賞。
どうぞよろしくお願いします。

 

「和泉からのお知らせ」

少ないPV数でも確実に収益化・集客する『ブログ戦略講座』

  • 今だけ!25,000円で販売中『パワーブログ講座』が無料で学べる

>>詳しくはこちらから

こんにちは、ブログコンサルタント兼おひとりさまブロガー和泉です!

今回は、「Googleで検索上位になる仕組みについて、SEO対策前に知っておくべきこと」を詳しく解説しようと思います。

Googleで検索上位になる仕組みって意外と簡単なのですが、、、

SEO対策を色々やる前にこの仕組み理解しているかどうかというだけで、記事の書き方や考え方は大きく変わります。

では、早速、解説していきます。

Googleで検索上位になる仕組み1.ユーザーの「検索意図」に合ってるかどうか

Googleで検索上位になる仕組み1は「ユーザーの検索意図に合っているかどうか」です。

Googleで検索上位になる仕組みって、ものすごく単純なんです。

  • ユーザーが望んでいる内容にピッタリ合った記事が検索上位に表示されているだけなんですよね。

つまり、Googleで検索上位をとりたいなら、ユーザーの検索意図をしっかり理解しておくことが大事になるということです。

事例で考えてみよう

例えば、Googleの検索窓で「SNS」と単体キーワードで検索をかけたとします。

検索結果

果たして、「SNS」と検索をかける人は一体何を求めて検索をかけているのでしょうか?

ここで、“ユーザーの検索意図”をよく考えることが大事なんですね。

Googleの検索上位を確認すると・・・

  • SNSとは?
  • SNSの種類

この2点がGoogleの検索上位にきているのがわかります。

つまり、Googleの仕組みとして「SNS」と検索する人は、“SNSって何?”って人や“SNSの種類”について知りたい初心者の人に向けて検索結果を出していることがわかります。

自分が検索ユーザーの立場で考えてみて、例えば、初めての言葉を知ったとき、その言葉をダイレクトに検索窓に入力するかと思います。

そのことを考えて、Googleは検索結果をだしているわけですね。

そう考えると、とてもGoogleは賢い!と思うわけですが、実は、Googleが「このキーワードはこの検索意図だ!」と判断する材料は他にあります。

クリックされているかどうか

Googleがユーザーの検索意図を判断する方法の一つとして、、、

  • 検索ユーザーが“どんな記事をクリックしているのか?”ということを判断して検索結果を出しています。

つまり、先ほどの例である「SNS」の単体のキーワードで検索するユーザーは、「SNSとは?」や「SNSの種類」について知りたいと思い、そういった記事をクリックしているので、Googleが独自にクリック率などの統計をだし、検索結果に表示させているということになります。

なかなか順位が伸びないと悩まれている方

なかなかGoogleの検索順位が伸びないと悩まれている方は、まずはこのGoogleで検索順位になる仕組みをよく理解してみてください。

  • Googleは第1に検索ユーザーの検索意図をみています。

狙った記事が、「ユーザーの検索意図」にキーワードが合っているかということを確認することで、検索順位が伸びる記事を書けるようになります。

Googleで検索上位になる仕組み2.ユーザーの役に立っているかどうか

Googleで検索上位になる仕組み2は「ユーザーの役に立っているかどうか」です。

上記では、「ユーザーの検索意図」について書きましたが、今回もそれに付随することではあります。

  • Googleが検索上位にもってくる記事は、検索意図に合っていて、尚且つ、ユーザーの役に立つ記事をかけているかどうか

ということを検索上位にもってくる判断材料にしています。

つまり、検索意図に合っていても記事内容が薄かったり、たいした情報が得られない記事は検索上位になることがないということになります。

どういった記事が役に立つ記事なのか?

では、どういった記事が“役に立つ記事でGoogleが認める記事なのか”についてですが、、、

検索意図にあっていることはもちろんですが、

  • ユーザーが読んで納得できる記事
  • ユーザーが読んで良かったと思える記事

を書いて提供することなんですね。

常にユーザーの立場に立って記事を書くことが大事で、間違っても自己満足記事にしないことです(たまに日記みたいに書くのはOK)

事例で考えてみよう

例えば、「梅田 ランチ」と検索する人が、何を求めているか?と考えてみましょう。

  • 梅田で美味しいランチの店
  • 梅田で人気のランチの店

を探していることが多いですよね。

つまり、「梅田ランチ」と検索する人に、“梅田で美味しい店情報”や“美味しい店レポート”を書いて記事を提供することが“ユーザーに納得してもらえる記事”になるということになります。

どんな記事を書けばいいか悩まれている方

Googleで検索上位になる仕組みとして、“ユーザーに役に立つ記事を書く”と言われてもいまいちピンと来ない方も多いと思います。

ただ、私の経験で書かせてもらうと、

ユーザーに役に立つ記事=自分が経験したこと

を記事として書いて真の情報を伝えることが一番読む人に納得してもらえる記事だと思っています。

ですので、自分が経験したことを記事として書いてみることをお勧めしたいと思います。

Googleで検索上位になる仕組み3.次にSEO対策

Googleで検索上位になる仕組み3は「次にSEO対策」です。

ここまで、Googleで検索上位になる仕組みとして、

  • ユーザーの検索意図
  • ユーザーに役立つ記事

上記2点が、Googleで検索上位になる仕組みに欠かせないことということはわかってもらえたと思いますが、ここを理解したうえでようやく『SEO対策』を考えてもらえたらと思います。

ここで説明するSEO対策は、そんなに難しいことは言いません。

基本的なこととして、

  1. キーワード選定をする
  2. 記事タイトルにキーワードを入れる
  3. 記事の質を上げる

この3点をしっかり守ることが一番のSEO対策になります。

1、キーワード選定

  • どのキーワードで検索された時に検索上位に表示されたいのか、ということを考える必要があります。

この時に、しっかりキーワードが定まっていないと、誰にも読まれない記事になってしまいます。

こちらの「キーワード選定方法のコツ」記事も参考にどうぞ!

2、記事タイトルにキーワードを入れる

記事タイトルにキーワードを入れることは、一番のSEO対策と言われるくらいめちゃくちゃ大事なことです。

記事タイトルにキーワードが入っていなかったり、おかしな記事タイトルになっているだけで検索結果に表示されない!なんてこともあります。

こちらの「ブログ記事タイトルの決め方」記事も参考にどうぞ!

3、記事の質を上げる

記事の質を上げるというのは、簡単に説明すると「手を抜かないこと」です。

1記事の内容を濃くし、誰にも負けない記事を書くことが大事です。

『ユーザーが読んで為になる記事』を目指して書いてください。

日記のような記事はどうしても検索上位を狙うのは難しくなってしまいます。

↓和泉が実際にやっているSEO対策については、下記の記事を参考にしてください^^

検索順位を上げる方法。7つのテクニックで上位を目指す!

最後に

ここまで、Googleで検索上位になる仕組みについて解説してきました。

いかがでしたでしょうか?めちゃ単純だったと思います。

Googleの検索結果は、「ユーザーの立場になって考えているだけ」ということになるんですね。

もし、なかなか検索上位をとれない!と悩まれている方がいましたら、書いている記事が「検索意図に合っているか」「ユーザーの役に立っているのか」を見直してみてください。

SEO対策をするのは、その次です。

この記事が参考になればと思います。

【番外編】少ないアクセス数でも収益化・集客に繋げるためには?

ブログで収益化・集客する上で本当に大事なことは、「アクセスを増やす」ことでもなく「SEO知識をたくさん知る」ことでもありません。※もちろん知っておくことは必要です

いかに、“お客さんに届く記事を書いて、誘導することが出来るか”ということが大事になってきます。

いくら月間10万PVあったとしてもお客さんとなる人に読まれていなかたったら結局は収益化・集客には繋がらないのです。

私は複数ブログを運営しており、そのうち3つのブログは少ないアクセス数で運営していますが、毎日のように問い合わせや成約に繋げることが出来ています。

少ないアクセスで問い合わせや成約に繋がっているブログの特徴

  • 客になる人に読まれるキーワードで運営している
  • 月間アクセス数が少ない(需要分のアクセス数のみ)
  • 1記事の文字数が500文字程度と少ない
  • サイト全体(トップページ)で検索上位に表示されている

上記のような感じです。

アクセス数が少なくても良い理由

正直、この運営方法はアドセンスで稼ぎたい人には向きません。

というのも、需要分のアクセス数だけを稼いで収益化や集客に繋げていくからです。


例えば・・・

ブログコンサルをしてくれる人を探している人は、Googleの検索窓に「ブログコンサル」と検索しますよね?

「ブログコンサル」の月間検索ボリューム数は“170”です。

つまり、「ブログコンサル」のキーワードで検索上位にいけば、仕事を獲ってこれるので、月間アクセス数は「170」と少なくても良いということです。

いかに、ターゲットとなる人(客)にきちんと届くキーワードで検索上位にもってくることが出来るかということが成功に繋げるための秘訣となります。

和泉が成果を出している「少ないアクセス数で収益化・集客する手法」講座

  • 今なら豪華スペシャル特典あり!
  • この手法で運営している2つのサイトを公開

⇒「ブログ収益化・集客に特化したブログ戦略講座」

当ブログで使用中のサーバーは??

表示速度が断然速い

SEO効果アップ

無料お試し期間あり

エックスサーバー です。

 

Copyright© ブログの収益化と集客方法を学ぼう! , 2018 All Rights Reserved.