2018/10/05

【phontoアプリの使い方】写真・画像に文字を入れることが出来る優れもの!

 

おひとりさまブロガー和泉
ブログSEO集客・ネット物販を得意とするネットビジネスのプロです。
趣味はキャンプ・グルメ・一人旅・映画鑑賞。
どうぞよろしくお願いします。

 

「和泉からのお知らせ」

少ないPV数でも確実に収益化・集客する『ブログ戦略講座』

  • 今だけ!25,000円で販売中『パワーブログ講座』が無料で学べる

>>詳しくはこちらから

こんにちは、ブログコンサルタント兼おひとりさまブロガー和泉です!

今日は、私がこのブログのアイキャッチ画像を作るときによく使っている「phontoアプリの使い方」について詳しく解説します!

  • スマホから簡単に、写真に文字を入れてみたい方
  • スマホから簡単、画像に文字を入れてみたい方

に向けて書いています!

「phonto写真文字入れ」アプリとは?

写真に気軽に文字を入れたい!って考えたことありませんか?

フォトショップとかイラストレーターとかそんな難しいことは出来ないし、エクセルとかでわざわざ入れるのは面倒だし・・・。

そんな時に便利なのが今回おすすめする「phontoアプリ」。

「phonto」アプリは、写真に文字を簡単に入れることが出来るアプリです。

  • 以下の画像は、私のブログのアイキャッチ画像ですが、すべて「phontoアプリ」を使って文字を入れています!

写真や画像に文字を入れるだけで、イメージがグンと変わりますよね!

フォント種類が豊富

「phontoアプリ」はとにかくフォントの種類が豊富!

自分でフォントをダウンロードすることで、色んなフォントを使用することが出来ます。

使い方についてはまた後程解説します。

phontoアプリ

以下の画像で、3種類のフォントを比べてみました!

phontoアプリ

  • 1番目 じゆうちょうフォント
  • 2番目 KFひま字
  • 3番目 ふい字

こんな感じで、色んなフォントで写真に文字を入れることが出来ます!

背景色も変わる

「phontoアプリ」は文字の背景にも色を入れることが出来ます!

写真に文字を入れると見にくいこともあるので、背景を入れることで見やすくすることが出来ます。

phontoアプリ

斜めにも出来る

簡単に斜めにすることも出来ます。

phontoアプリ

ストローク機能で文字に縁を入れることもできる

文字に縁をつけるこも出来ます。もちろん色も好きな色に出来ます!

phontoアプリ

写真に文字を入れるとき、「文字が目立たない!」ってときに便利な機能ですよね。

影を入れることも

わかりずらいかもしれませんが、「phontoアプリ」を使うことで文字に影を入れることも出来ます。

phontoアプリ

「phontoアプリ」は本当に色んな文字の装飾が出来るので、便利なアプリです。

では、以下からは「phontoアプリの使い方」について解説していきます!

まずは、「phonto写真文字入れ」アプリをダウンロード

まずは「phonto写真文字入れ」アプリをダウンロードしてください。

  • iPhoneの場合は、appストアからダウンロードを。

phontoアプリ

  • androidの場合は、Googleplayからダウンロードを。

phontoアプリ

記事を読むのが面倒だぜ!って方に、動画で解説!

記事を読むのは面倒だぜ!って方に、動画で「phontoアプリ」の使い方について解説しましたので参考にしてください。

「phonto」アプリの使い方【基本編】

ここからは、「phonto写真文字入れ」アプリの使い方について解説していきます!

  • 「phonto写真文字入れ」アプリを開きます。

phontoアプリ

  • 次に文字を入れたい写真を選択します。
  • 画像のマークを押します。

phontoアプリ

  • 新しい画像の選択画面が出てきたら、「端末内の画像を読み込む」を選択します。

phontoアプリ

  • 入れた写真(画像)に文字を入れていきます。
  • ペンのマークを押します。

phontoアプリ

  • どんなフォントにするか選択します

※使ったことないフォントはダウンロードしてください。

フォントを押すことでダウンロードすることが出来ます。

phontoアプリ

今回は、「じゆうちょうフォント」を選択します。

phontoアプリ

  • 次に文字を入れます。
  • 文字を入れてOKなら、「完了」を押します。

phontoアプリ

  • 簡単に、文字を入れることが出来ました

phontoアプリ

文字の色を変える

文字の色を変えることが出来ます。

  • 「スタイル」ボタンを押します。

phontoアプリ

  • 文字の色を横にスライドすることで、色を選択することが出来ます。
  • 「完了」ボタンを押す。

phontoアプリ

  • 文字の色を変えることができました!

phontoアプリ

大きくする

もちろん、文字を大きくすることもできます!

  • 「大きさ」ボタンを押す。

バーが出てくるの左右に動かすことで大きさを変えることが出来ます。

phontoアプリ

phontoアプリ

移動させる

  • 文字を好きな場所に移動させる

「文字を押さえることで、好きな場所に移動させることができます!」

保存

  • 画面上の保存ボタンを押すことで、ギャラリーに保存されます。

phontoアプリ41

では、ここからは応用編をやっていきます!

「phonto」アプリの使い方【応用編】

ここからは「phonto写真文字入れ」アプリの使い方、応用編をやっていきます!

斜めにする

文字を斜めにしてみましょう!

  • 「傾き」ボタンを押す
  • バーが出を左右にすることで斜めに出来ます。

phontoアプリ

背景色

文字に背景をつけてみましょう!

  • 「スタイル」を選択
  • 「文字色」と書かれているところを押します。

phontoアプリ

  • 「背景」を選択

phontoアプリ

  • 背景の色をスライドして選択
  • 「透明度、幅、高さ、角」を変えることができます。

phontoアプリ

  • 完成!

背景に透明度も入っているのがわかるかと思います!

phontoアプリ

次は、文字に影を入れてみましょう!

  • 「スタイル」を選択
  • 「影」を選択

phontoアプリ

  • 影の色をスライドして選択
  • 「透明度、ぼかし、横、縦」を変えることができます。

phontoアプリ

  • 完成!

簡単に影を入れることが出来ました。

phontoアプリ

ストローク(縁取り)

次は、文字に縁取りを入れてみましょう!

  • 「スタイル」を選択
  • 「ストローク(縁取り)」を選択

phontoアプリ

  • ストローク(縁取り)の色をスライドして選択
  • 「透明度、幅」を変えることができます。

phontoアプリ

  • 完成!

簡単にストローク(縁取り)を入れることが出来ました。

phontoアプリ

間隔

次は、文字に間隔を変えてみましょう!

  • 「スタイル」を選択
  • 「間隔」を選択

phontoアプリ

  • 間隔の色をスライドして選択
  • 文字、行を変えることができます。

phontoアプリ

  • 完成!

わかりにくいかもですが、さっきより文字間隔が広がりました!

phontoアプリ

カーブ

次は、文字をカーブさせてみましょう!

  • 「スタイル」を選択
  • 「文字のカーブ」を選択

phontoアプリ

  • 「角度」を変えることができます。

  • 完成!

「phonto」アプリの使い方【画像を共有する方法】

作った画像を様々なアプリで共有することも出来ます!

  • 画面上の「…」を選択
  • 「共有」を選択

phontoアプリ

  • 好きなアプリを選択して、共有することが出来ます。

phontoアプリ

「phonto」アプリの使い方【画像形式を変更する方法】

作った画像の形式を変更することができます!

  • 画面上の「…」を選択
  • 「設定」を選択

phontoアプリ41

  • 「画像出力形式」を選択

phontoアプリ

  • JPEG、PNGの選択が出来ます

phontoアプリ

ふつうに使うのであれば、JPEGの設定がおすすめです。

PNGだと重くなってしまうので。

最後に

ここまで「phonto写真文字入れ」アプリの使い方について解説してきました。

私のブログサイトの画像の文字は全部「phontoアプリ」使ってます!

このアプリでバナーを作ることもあって、ほんと便利なアプリなんですよ。

スマホアプリで簡単にバナーを作る方法については、アプリでバナー作成!記事で詳しく解説しています!

ちなみに、今回のこの記事のアイキャッチ画像も「phontoアプリ」で作りました。

【番外編】少ないアクセス数でも収益化・集客に繋げるためには?

ブログで収益化・集客する上で本当に大事なことは、「アクセスを増やす」ことでもなく「SEO知識をたくさん知る」ことでもありません。※もちろん知っておくことは必要です

いかに、“お客さんに届く記事を書いて、誘導することが出来るか”ということが大事になってきます。

いくら月間10万PVあったとしてもお客さんとなる人に読まれていなかたったら結局は収益化・集客には繋がらないのです。

私は複数ブログを運営しており、そのうち3つのブログは少ないアクセス数で運営していますが、毎日のように問い合わせや成約に繋げることが出来ています。

少ないアクセスで問い合わせや成約に繋がっているブログの特徴

  • 客になる人に読まれるキーワードで運営している
  • 月間アクセス数が少ない(需要分のアクセス数のみ)
  • 1記事の文字数が500文字程度と少ない
  • サイト全体(トップページ)で検索上位に表示されている

上記のような感じです。

アクセス数が少なくても良い理由

正直、この運営方法はアドセンスで稼ぎたい人には向きません。

というのも、需要分のアクセス数だけを稼いで収益化や集客に繋げていくからです。


例えば・・・

ブログコンサルをしてくれる人を探している人は、Googleの検索窓に「ブログコンサル」と検索しますよね?

「ブログコンサル」の月間検索ボリューム数は“170”です。

つまり、「ブログコンサル」のキーワードで検索上位にいけば、仕事を獲ってこれるので、月間アクセス数は「170」と少なくても良いということです。

いかに、ターゲットとなる人(客)にきちんと届くキーワードで検索上位にもってくることが出来るかということが成功に繋げるための秘訣となります。

和泉が成果を出している「少ないアクセス数で収益化・集客する手法」講座

  • 今なら豪華スペシャル特典あり!
  • この手法で運営している2つのサイトを公開

⇒「ブログ収益化・集客に特化したブログ戦略講座」

当ブログで使用中のサーバーは??

表示速度が断然速い

SEO効果アップ

無料お試し期間あり

エックスサーバー です。

 

Copyright© ブログの収益化と集客方法を学ぼう! , 2017 All Rights Reserved.