2018/11/03

【ブログのアクセスが増えない原因4】検索意図を理解していない問題。

 
アイキャッチ画像




おひとりさまブロガー和泉

ブログSEO集客・ネット物販が得意です。
趣味はキャンプ・グルメ・一人旅・映画鑑賞。
どうぞよろしくお願いします。

「和泉からのお知らせ」

少ないPV数でも確実に収益化・集客する『ブログ戦略講座』

  • 今だけ!25,000円で販売中『パワーブログ講座』が無料で学べる

>>詳しくはこちらから

こんにちは、ブログコンサルタント兼おひとりさまブロガー和泉です!

今日も、これまでたくさんのブログ相談を受けてきた上で感じた「ブログのアクセスが増えない原因とその問題」について解説していきたいと思います。

今回のテーマは「検索意図を理解していない問題」です。

では、早速、解説していきます!

ブログのアクセスが増えない原因、検索意図を理解していない問題。

ブログのアクセスが増えない原因として多いのが、ユーザーの「検索意図を理解していないこと」です。

そもそも、検索意図ってなんやねん!って話だと思いますが、、、

  • 例えば、「梅田 美味しい パン屋」のキーワードで記事を書きたいとします。

このとき、このキーワードで検索するユーザーは何を求めて検索をしているのか?ということを考える必要があります。

このキーワードだと、ユーザーは“梅田で美味しいパン屋を探してる”ことでしょう。

ということは、梅田で美味しいパン屋を紹介する記事を書けば、ユーザーの検索意図に合う記事が書けるようになります。

しかし、意外とこの検索意図を無視して記事を書く方が多く、、、

「梅田 美味しい パン屋」のキーワードで狙ったとしても記事内容は、「梅田で美味しいパン屋のパスタが絶品だった話」とか「梅田で美味しいパン屋で働いた話」とズレた内容を書いてしまっている場合があります。

これだど、ユーザーの求めている記事にならなくなってしまいますよね。

検索順位が落ちてしまう。

なぜ、検索意図を無視してはいけないかというと、、、

ユーザーが求めている内容と合っていないということは、Googleとしても、この記事は検索意図と合っていないと判断し、検索圏外にしたり、検索順位を落としてしまうからです。

そうなると、ブログのアクセスが増えない原因になってしまうのです。

検索意図を理解するには、どうすれば良いのか?

では、検索意図を理解するには、どうすれば良いかというと、さきほども書きましたが、「ユーザーの立場になって考えることが大事」です。

「梅田 美味しい パン屋」のキーワードなら、ユーザーは何を求めているのか?と考えるのです。

ただ、それだけでは不十分ですので、一度、自分で検索をしてみましょう。

自分で検索結果を確認しましょう

以下は、「梅田 美味しい パン屋」で検索した検索結果です。

検索結果

検索上位をみると、やはり、「梅田でおすすめのパン屋」を教えている記事が上位にきていることがわかります。

間違っても「梅田で美味しいパン屋のパスタが絶品だった話」というような内容の記事が上位にはきていません。

なぜ、「梅田で美味しいパン屋のパスタが絶品だった話」では上位にならないかというと、記事内容が「パスタの話」だからです。

パン屋を探している人にパスタの話は興味がないですよね。

Googleはそれをわかっているので検索上位にもってくることはないし、こういう内容のズレた記事は大概は検索圏外になってしまいます。

複合キーワードで記事を書くと良い

さらに良い方法として、複合キーワードで記事を書くとよりユーザーの興味に沿った内容で記事を書くことが出来るようになります。

複合キーワードとは、「梅田 ランチ 美味しい」という感じで複数のキーワードで構成されているキーワードのことを指します。

逆に「梅田」と1つのキーワードの場合は単体キーワードと呼びます。

複合キーワードのほうが圧倒的に記事が書きやすい

複合キーワードは細かいほうがさらに記事が書きやすい。

  • 「梅田」<「梅田 ランチ」<「梅田 ランチ 安い」

という感じで、キーワードが細かいほど検索意図に合った記事を書けるようになります。

例えば、「梅田 ランチ」と大きなキーワードで狙っても、検索ユーザーはその中でもさらに何を求めているのかわからないですよね?

  • 安さ、オシャレ、美味しい、おすすめ、人気 どれなのか?

となると、例えば「梅田 ランチ 安い」で狙ったほうが明確となり、検索意図に合うようになるので、検索上位を狙えるようになるのです。

実際、私も記事を書くときは、3つの複合キーワードで狙うことのほうが多いです。

そうするとターゲットに合ったキーワードで記事が書きやすくなります。

ブログのアクセスが増えない問題、検索意図を理解してキーワードを選べばいい。

ここまでブログのアクセスが増えない原因として「検索意図を理解していない問題」について解説してきました。

検索意図を理解することの大切さをわかっていただけたでしょうか?

ブログでアクセスを増やすには、まずは狙ったキーワードで検索上位をとることが何よりも大事なんです。

そのためには、ユーザーが何を考えてそのキーワードで検索しているのか?ということをまず理解して記事を書くようにすれば、上位を目指せる記事を書けるようになります。

次のページ→「【ブログのアクセスが増えない原因5】ドメインパワーの問題。」

【番外編】少ないアクセス数でも集客・収益化に繋げるためには?

ブログで集客・収益化する上で本当に大事なことは、「アクセス数を増やす」ことでもなく「SEO知識をたくさん知る」ことでもありません。

※もちろん知識を知っておくことは必要です

いかに、“お客さんに届く記事を書いて、誘導することが出来るか”ということが大事になってきます。

アクセス数については、ターゲット層が見るだけの需要分のアクセス数さえあればOKなのです。

いくら月間10万PVあったとしてもお客さんとなる人に読まれていなかたったら結局は集客・収益化には繋がりません。

私は複数ブログを運営しており、そのうち3つのブログは需要分のアクセス数で運営していますが、毎日のように問い合わせや成約に繋げることが出来ています。

需要分のアクセス数だけで、問い合わせや成約に繋がっているブログの特徴

以下は実際に私が運営しているブログの特徴と検索順位です。

需要分のアクセス数で運営しているブログの特徴

  • お客になる人に読まれるキーワードで運営している
  • 月間アクセス数が少なくてもOK(需要分のアクセス数のみ)
  • 1記事の文字数が500文字程度と少ない
  • サイト全体(トップページ)で検索上位に表示されている

検索順位

上記のような感じで、検索上位をとることに成功しています。

アクセス数が少なくても良い理由

正直、この運営方法はアドセンスで稼ぎたい人には向きません。

というのも、需要分のアクセス数だけを稼いで集客や収益化に繋げているからです。

  • 例えば・・・ブログのコンサルをしてくれる人を探しているお客さんは、Googleの検索窓に「ブログ コンサル」などと検索しますよね?

「ブログコンサル」の月間検索ボリューム数は「170」、これが需要分のアクセス数になります。

つまり、「ブログコンサル」のキーワードで検索上位をとれていれば、仕事を獲ってこれるので、月間アクセス数は「170」と少なくても良いということです。

いかに、ターゲットとなる人(客)にきちんと届くキーワードで検索上位にもってくることが出来るかということが成功に繋げるための秘訣となります。

和泉が成果を出している「少ないアクセス数で収益化・集客する手法」講座

  • 今なら豪華スペシャル特典あり!
  • 【サイト公開】あり

⇒「ブログ集客・収益化に特化したブログ戦略講座」

当ブログで使用中のサーバーは??

表示速度が断然速い

SEO効果アップ

無料お試し期間あり

エックスサーバー です。

 

Copyright© ブログの収益化と集客方法を学ぼう! , 2018 All Rights Reserved.