2018/10/29

どこが問題?ブログ収益化が難しい5つの原因と対策

 
時計とお金

おひとりさまブロガー和泉
ブログSEO集客・ネット物販を得意とするネットビジネスのプロです。
趣味はキャンプ・グルメ・一人旅・映画鑑賞。
どうぞよろしくお願いします。

 

「和泉からのお知らせ」

少ないPV数でも確実に収益化・集客する『ブログ戦略講座』

  • 今だけ!25,000円で販売中『パワーブログ講座』が無料で学べる

>>詳しくはこちらから

こんにちは、ブログコンサルタント兼おひとりさまブロガー和泉です!

ブログ収益化がなかなかうまくいかない・・・と悩まれていませんか?

今回は、「ブログ収益化が難しいと感じている人」に向けて、どうすれば『成功できるのか』について解説していきたいと思います。

ブログ収益化が難しい原因と対策1.特化させることが出来ていますか?

ブログ収益化が難しい原因と対策1は、「特化させることが出来ていますか?」です。

ブログを始めたばかりの頃はただ何となく「アドセンス広告やアフィリエイトで稼げればいいな」と思って始める人も多いと思います。

それはそれで「稼ぐ目的」になっているのですが、アドセンスで稼ぐにしてもアフィリエイトで稼ぐにしても「何かに特化させる」ことは稼ぐために重要となってきます。

ある程度はジャンルを絞ろう

「特化させる」といえば「特化ブログ」が最強なのは確かですが、雑多ブログであっても、ある程度はジャンルを絞ったほうが良いです。

それも、収益化することが目的だとしたら、収益が発生しやすいジャンルで絞って記事を書いたほうが良いと言えます。

雑多ブログの場合でも、3つくらいのジャンルでカテゴリーを分けて記事を量産していくと成果が出やすくなります。

逆に、ジャンルが多過ぎるブログになってしまっている場合、専門性に欠けるので、ユーザーとしても軽い気持ちで記事を読んでしまう為、滞在時間も短くなり、回遊率も下がり、成果に繋がりにくくなってしまいます。

どのような対策をとればいい?

では、どのような対策をとればいいかについて説明します。

アドセンス広告で稼ぐ場合

アドセンス広告で稼ぐ場合、とくに特化させる必要がないように感じるかもしれませんが、実は特化させたほうがクリック率や報酬単価が上がることがわかっています。

アドセンス広告の特徴として、記事内容に合った広告が表示されますが、ある程度ジャンルを特化させておくと、そのサイトにピッタリな広告を表示してくれやすくなります。

逆に色んなジャンルを扱っているブログになると、表示される広告に色んなジャンルが混ざりどうしてもクリック率の低下や報酬単価が下がってしまう傾向にあります。

アドセンスでうまく稼いでいる人はただ単にアクセス数が多いから稼げているわけではなく、きちんと戦略を考えて記事を書いています。

  • 1クリックの単価が高い広告が出る記事を書いている
  • 雑多ブログでもある程度は特化させている

この点を意識して記事を書くようにすると、大きな収益化を期待することも可能となってきます。

アフィリエイトで稼ぐ

例えば、「Amazonプライムの会員登録のアフィリエイト」が目的だった場合、とにかく、Amazonプライム関連の記事をどんどん取り入れていきましょう。

例えば、以下のような記事をたくさん量産してみてください。

  • Amazonプライム会員特典について
  • Amazonプライム会員で見れる映画一覧
  • Amazonプライム会員で聴ける音楽一覧
  • amazonプライムビデオ 比較

等、実際に使ってみた感想なども記事として書くのも効果的です。

雑多にしても特化ブログにしても、あるジャンルに特化させて記事を量産させることはとても大事なことになるのです。

ブログ収益化が難しい原因と対策2.競合が多いジャンルで戦っていませんか?

ブログ収益化が難しい原因と対策2は、「競合が多いジャンルで戦っていませんか?」です。

記事を書いても書いてもなかなか収益化できない・・と感じることがあると思います。

その原因として、難しいジャンル(競合が多いジャンル)で戦っている可能性が高いと言えます。

ライバルが多過ぎていませんか?

例えば、アフィリエイトの定番ジャンルである「クレジットカード」や「simカード」だと競合ライバルが多過ぎることが目に見えてわかります。

報酬単価が高ければ高いほど当然ながら競合増え、ライバルが強くなっていきます。

またアフィリエイトだけでなく、集客をするにしても、「エステ」や「美容院」と言ったジャンルは「ホットペッパー」といった企業の競合が検索上位を独占していることが多々です。

こういったジャンルに入って大きく稼ごうと思ったり集客していこうというのはかなり難しい話です。

ただ、戦略をきちんと考えて、狙うキーワードを変えることでうまくいくこともあります。

どのような対策をとればいい?

では、どのような対策をとればいいかについて説明します。

競合調査をしよう

ブログ運営を始める前に、競合調査をするようにしましょう。

例えば、「simカード 購入」で狙いたいなら、そのキーワードで検索上位の記事を調査します。

自分のブログがこのジャンルに入る余地があるのか?を調べましょう。

  • 有名サイトや企業サイトが上位にいるかどうか
  • ブログサイトが上位にあるかどうか
  • しっかり作り込まれているサイトが上位あるかどうか

などをしっかり確認するようにします。

もし、そのジャンルに入る余地がないと判断したら、今度は、別の角度で狙うキーワードを改めることをお勧めします。

小さめのキーワードで攻めよう

狙うキーワードは大きめのキーワードよりも小さめのキーワードで狙うようにしましょう。

先ほども説明しましたが、「クレジットカード契約」「simカード購入」といったキーワードは大手企業や有名アフィリエイターが独占していることがほとんどです。

そのキーワードで今から戦っていくのは厳しいので、別の角度から小さめのキーワードで狙っていくことをお勧めします。

そうすることで個人でも戦っていくことが出来ます。

例えば、

  • クレジットカード 審査 落ちたら
  • クレジットカード 作り方 収入
  • クレジットカード 作り方 18歳

等の複合キーワードで記事を書くことでまだ入る余地が出てくるかもしれません。

ブログの収益化が難しい原因と対策3.最低限のSEO知識をもっていますか?

ブログ収益化が難しい原因と対策3は、「最低限のSEO知識をもっていますか?」です。

私はこれまで数々のブログ相談に乗ってきましたが、「収益化が難しい・・・」と悩まれている方のブログを拝見すると「SEO対策が弱いな」と感じるブログが多いと感じていました。

文字数が少ない

とくに感じるのが文字数の少なさです。

戦略をきちんと考えての文字数の少なさは問題にならないのですが、1記事単位で検索上位を狙っていくやり方で記事を書くなら、文字数の多さというのは非常に大事となってきます。

狙いたいキーワードで競合調査をして、例えば、検索上位の記事が3000文字書いているのに、あなたの記事が1000文字なら、当然ながら、検索上位を獲ることが出来ず、アクセスにも繋がらないので収益化にも繋がりません。

記事タイトルの付け方が甘い

また、記事タイトルの付け方も甘いなと感じることが多々あります。

記事タイトルは重要なSEO対策となり、ここを失敗するとせっかく上位を獲れるだけの記事の質になっていても上位が獲れなくなってしまいます。

どのような対策をとればいい?

では、どのような対策をとればいいか説明します。

キーワード選定をしよう

書きたいと思っている内容にあったキーワードを選定しましょう。

  • 検索ボリューム数が多過ぎないものを狙う
  • 2、3語の複合キーワードで狙う

検索ボリューム数が多過ぎると、競合が多く結局は上位がとれずアクセスされない結果になってしまいます。確実に検索上位を獲る為に、2、3語の複合キーワードで狙うことをお勧めしています。

よくある質問で、検索ボリューム数が多いとはどれくらいか?と聞かれますが、月間ボリューム数が500を超えてくると大きいと感じています。

逆に検索ボリューム数は30でも50でも狙って記事を書きます。

関連:最強SEO対策!キーワード選定方法のコツをめっちゃ丁寧に解説

競合調査をしよう

記事を書く前は、狙いたいキーワードで検索上位を確認して、競合記事のチェックをしましょう。

  • 検索上位の文字数を確認します
  • 見出しの確認
  • 特化サイトかどうかの確認

この辺を確認して、自分が記事を書いて勝ち目があるのか、それを超えられる記事内容を書けるのかを確認しましょう。

記事タイトルを効果的なものに

記事の質が良くても記事タイトルが悪いと検索上位を狙うことができません。

  • 思わずクリックされる記事タイトルに
  • 狙っているキーワードを入れよう
  • キーワードは出来るだけ左詰めに
  • キーワードを詰め込み過ぎない

この辺を意識して記事タイトルを考えてみてください。

思わずクリックされる記事タイトルにすることでクリック率が上がり、検索上位を狙えることが度々あります。真剣に考えて決めるようにしましょう。

関連:ブログ記事タイトルの決め方、6つの意識すべきこと

ブログの収益化が難しい原因と対策4.モチベーションを維持できていますか?

ブログ収益化が難しい原因と対策4は、「モチベーションは維持できていますか?」です。

これは私自身も言えることなのですが、ブログはモチベーションの維持が大変。

書きたいネタはいっぱいあるのに、書けない!なんてことがよくあると思います。

どのような対策をとればいい?

では、どのような対策をとればいいか説明します。

ノルマを設ける

例えば、以下のような目標をたてると良いでしょう。

  • 年内に100記事達成する
  • 年内に月1万PV達成する
  • 3日に1回は必ず更新する

このようなノルマを設けることで、「記事を更新していこう」というモチベーションを保つことが出来ます。

見てもらえる場所に参加する

ブログ運営って孤独です。自分との戦いです。

記事更新をするのって本当に時間もかかし、結果もなかなか出ない。

そんな時は、誰かにみてもらえる場所に参加することをお勧めします。

例えば、どこかのオンラインサロンに参加して仲間に記事をみてもらうのも良いですし、私も講座を運営しているので、そこに参加するのも良いと思います。

誰かに見てもらうだけで、「更新しよう」というモチベーションにも繋がるようになります。

強い気持ちを持つ

上記のようなノルマを設けても自分の甘さから「出来なかった」と言い訳をしてやならいことがあるので、一番良いのは、強い気持ちを持つことだと思います。

例えば、

  • サラリーマンを辞めたい
  • 今の生活から脱したい

とか、こういう強い気持ちがないとなかなか難しいと思います。

私自身、ネットで稼げるようになったのは、「稼がないと生活に困る」ことがモチベーションを維持できる要因でした。

もし、モチベーションがなかなか続かない時、「なぜ、自分はブログで収益化したい」と思ったのかをもう一度思い出してみてください。

「現状を変えたい」と思って始めたはずです。それを思い出してください。

ブログの収益化が難しい原因と対策5.ブログ戦略を考えていますか?

ブログ収益化が難しい原因と対策5は、「ブログ戦略を考えていますか?」です。

ブログ収益化を成功させるためには、ブログ運営を始める前に「ブログ戦略」を考えておくことをお勧めします。

なんの戦略もないまま運営していくと、必ず、後々になって「なかなか収益化できない」と困ることになってしまいます。

逆に最初から戦略を組んでおくと、成功に近づきやすくなります。

どのような対策をとればいい?

では、どのような対策をとればいいか説明します。

サイト設計(導線)を考えよう

収益化を成功させるには、とにかく、サイト設計(導線)を考えておくことが大事です。

どの記事から人を集めて、どの記事で興味をもってもらって、どの記事で行動に移してももらうか、こういう流れをうまく仕込んでいけるサイトを構築していきましょう。

ターゲットに届く記事作りをしよう

今すぐ客、興味のある客、興味の薄い客、それぞれのターゲットに合ったキーワードを選定して、確実にターゲットに届く記事を書くようにしましょう。

例えば、「サーバーのアフィリエイトを目的」としたとします。

  • 今すぐ客なら・・・「サーバー 比較」「サーバー おすすめ」のキーワード
  • 興味のある客・・・「ブログ 始め方」のキーワード
  • 興味の薄い客・・・「ブログで稼ぐ方法」「ネット 副業」のキーワード

と言ったキーワードで客を引いて、行動させることで、成約に繋がりやすくなります。

【さいごに】簡単とは言えないけど、出来なくはない。

ブログ収益化は決して簡単ではありません。楽々できる!なんてことは口が裂けても言えません。

努力を出来る人だけが成功できます。

簡単ではないのだけど、ブログ収益化がうまくいけば、「自動収入」にさえなることもあります。

記事を更新をし続ける必要はあるのですが、ブログは財産になり、毎月収入を発生させてくれます。

今回紹介した内容で、もし、あなた自身が出来てないことがあれば、今から軌道修正することは可能ですので、ぜひ、取り入れてみてください。

次のページ→ブログ収益化で7つのコツを掴んで成功させる方法

【番外編】少ないアクセス数でも集客・収益化に繋げるためには?

ブログで集客・収益化する上で本当に大事なことは、「アクセス数を増やす」ことでもなく「SEO知識をたくさん知る」ことでもありません。

※もちろん知識を知っておくことは必要です

いかに、“お客さんに届く記事を書いて、誘導することが出来るか”ということが大事になってきます。

アクセス数については、ターゲット層が見るだけの需要分のアクセス数さえあればOKなのです。

いくら月間10万PVあったとしてもお客さんとなる人に読まれていなかたったら結局は集客・収益化には繋がりません。

私は複数ブログを運営しており、そのうち3つのブログは需要分のアクセス数で運営していますが、毎日のように問い合わせや成約に繋げることが出来ています。

需要分のアクセス数だけで、問い合わせや成約に繋がっているブログの特徴

以下は実際に私が運営しているブログの特徴と検索順位です。

需要分のアクセス数で運営しているブログの特徴

  • お客になる人に読まれるキーワードで運営している
  • 月間アクセス数が少なくてもOK(需要分のアクセス数のみ)
  • 1記事の文字数が500文字程度と少ない
  • サイト全体(トップページ)で検索上位に表示されている

検索順位

上記のような感じで、検索上位をとることに成功しています。

アクセス数が少なくても良い理由

正直、この運営方法はアドセンスで稼ぎたい人には向きません。

というのも、需要分のアクセス数だけを稼いで集客や収益化に繋げているからです。

  • 例えば・・・ブログのコンサルをしてくれる人を探しているお客さんは、Googleの検索窓に「ブログ コンサル」などと検索しますよね?

「ブログコンサル」の月間検索ボリューム数は「170」、これが需要分のアクセス数になります。

つまり、「ブログコンサル」のキーワードで検索上位をとれていれば、仕事を獲ってこれるので、月間アクセス数は「170」と少なくても良いということです。

いかに、ターゲットとなる人(客)にきちんと届くキーワードで検索上位にもってくることが出来るかということが成功に繋げるための秘訣となります。

和泉が成果を出している「少ないアクセス数で収益化・集客する手法」講座

  • 今なら豪華スペシャル特典あり!
  • 【サイト公開】あり

⇒「ブログ集客・収益化に特化したブログ戦略講座」

当ブログで使用中のサーバーは??

表示速度が断然速い

SEO効果アップ

無料お試し期間あり

エックスサーバー です。

 

Copyright© ブログの収益化と集客方法を学ぼう! , 2018 All Rights Reserved.