ブログ収益化方法

ブログは売却できるって本当?!バイアウト戦略のメリット、デメリット

ブログは売却できるって本当?

ブログを売却できるって、知ってましたか?

「売却」という方法を知っておくだけで、ブログの収益化方法が1つ増えるので、柔軟に物事を考えられるようになります。

そこで、この記事ではブログの売却と売却のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

売却を考えてない人にとっても役立つ情報になってますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ブログの代表的な収益化方法は?

ブログ売却などの収益化方法

収益化方法は大きく分けて3つあります。

それぞれに長所や短所がありますので、解説していきます

アフィリエイト

最も一般的な方法がアフィリエイトだと言っていいでしょう。

アフィリエイトはブログで紹介した商品が売れることにより報酬になる仕組みで、自分の商品がなくても収益になるというメリットがあります。

一般的なアフィリエイトの収益化手順は下記です。

  • ASPサイトで広告を探す
  • ブログに広告を掲載する
  • ブログから商品が売れて収益になる

掲載する商品によっては思った以上に売れたりする一方、広告が停止したり、単価が落ちたりするなどの不安定さもあるのがアフィリエイトです。

ただ、一度売れる仕組みを構築してしまえば、半不労所得を得ることも可能になります。

自社商品販売

自社商品を販売するのもブログ戦略の1つです。

アフィリエイトと比較した時のメリットをまとめました。

  • 広告が停止される心配がない
  • 収入を大きくできる(売れた金額がそのまま利益になる)
  • 価格設定が自由にできる

ブログでファンを獲得しつつ、商品も売れていくので、「ファン化」「収益化」の両方を同時に行うことができます。

大きく稼ぐ人は自社商品を販売している傾向が強く、オンラインサロンや情報商材が自社商品にあたります。

売却(バイアウト)

ブログ自体を売ってしまうというのも、収益化の方法の1つです。

長くブログを運営しているとだんだん収益が落ちてきて、最終的には収益がほぼゼロになることもあります。

今、月10万円稼げていたとしても、1年後に月10万円稼げるかどうかはわからないわけです。

そういったブログの不安定さを考えた時に、知っておきたいのがブログの売却。

収益がゼロになってしまう前に、ブログを売却することによって、利益を最大化できる可能性があります。

もちろん、上手くいくかどうかは分かりませんが、売却という方法も知っておくといいでしょう。

 

ブログを売却するメリットって一体何?

ブログ売却のメリット

では、ブログを売却するメリットはどこにあるのでしょうか?ここではブログ売却のメリットをご紹介します。

まとまった売却益を得られる

ブログ売却で得られるお金は数百万円規模になることもあります。

個人ブログの相場は数万円〜数十万円程度になることが多いですが、それでも一定程度の売却益を得ることが可能です。

売却資金を元手にして、新しい事業を始めることもできます。

【売却資金を元手にして収益を拡大する具体例】

  1. 売却益を得る
  2. その売却益で外注する
  3. 新しいブログで収益化する

アフィリエイトでは毎月数万円でも、売却すると数十万円を一気に手に入れられる可能性があります。

目先の収益を大きくできるのが売却のメリットです。

「ブログを売却した」という実績が作れる

ブログを運営している人の中でも、実際にブログを売却したという実績がある人はそれほど多くありません。

数少ない人だけが経験しているブログ売却を経験することで、「売却できるだけのブログを作った」という実績もできます。

  • ブログを売った実績
  • 売れるだけのブログを作った実績

この2つが同時に手に入るわけです。ブログを売った実績を使って、コンサル業を始めたりもできます。

売却によって、「他の人があまり経験していないブログ実績」を作れるのは大きなメリットです。

ブログを売却するデメリットは?

ブログ売却のデメリット

メリットがある一方、ブログを売却するデメリットもあります。

具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか?

値段がつかないこともある

売却するといっても、そう簡単に売却できるわけではありません。

ある程度のPV数や収益がないと、値段がつかなかったり、安い値段でしか売れないことがあります。

ブログ売却の値段はPV数や収益額で決まります。

  • PV数がほぼない
  • 収益化していない
  • 書いている内容がバラバラ

というようなブログですと、値段がつきにくいです。

ブログを売るためには一定程度のPV数と収益を発生させましょう。

手続きが面倒くさい

サイト売買の手続きは複雑です。

  1. サイト売買サイトに登録する
  2. 交渉などのやりとり
  3. 契約書の作成
  4. サイト移行手続き

こういった流れが基本ですが、やりとりは特に手間が掛かります。

トラブルが起こったりするケースもあり、手続き面でのデメリットはサイト売却で避けては通れません。

このようなデメリット面を把握した上で、ブログの売却を進めていく必要があります。

運営しているブログをより高い値段で売るためには?

ブログを高い値段で売る

では、どういったブログを運営すれば、高い値段で売れるのでしょうか?

高い値段でブログを売るポイントをいくつかまとめました。

将来性あるジャンルで運営を始める

「これから伸びるジャンル」で、ブログ運営を始めるとそのブログの価値は上がります。

  • 市場規模が拡大しているジャンル
  • 人気はあるけど、書いている人が少ないジャンル
  • すでに需要があり、今後も需要が継続するジャンル

こういったジャンルのブログは高い値段で売れやすいです。

一方、下火になっているジャンルですと、ブログは高い値段で売れにくいです。今ガラケーのブログを作ったところで、アクセスが伸びるとは考えにくいですよね。

なので、売れる値段も低くなります。

高い値段でブログを売ることを考えるなら、将来性のあるジャンルでブログ運営しましょう。

始めから「売却」を考えてブログ運営を行う

少し高度な戦略にはなりますが、運営開始時からブログの売却を考えて、運営するのも1つの方法です。

どういったブログが高く売れるのかをあらかじめリサーチしてから、ブログを作るということになります。

  • 収益性の高いジャンルで運営する
  • 購買意欲の高い人が集まる記事を書く
  • PV数が集まる記事を書く

こういった施策を1つ1つやっていくことが大事です。

収益性の高いブログを作ることができれば、サイト売却の際も高値で売ることができます。

反対に収益性の低いブログだと、高値で売ることができません。

ある程度の収益とPVを集めてから売却する

収益とPVがあるブログの方が高く売却できます。

SEOで集客できるようなブログ記事をまずは入れていって、PVを集められるようにしていきましょう。

PVを集めると言っても、そう単純ではありません。

  • 収益につながるようなPV
  • 収益につながりにくいPV

この2種類があります。

いろんなジャンルのブログ記事からPV数を集めて、月間3万PVを達成してもなかなか収益には繋がりません。反対に、購入に興味がある1000PVなら収益につながる可能性があります。

収益につながりそうな人のPVを集めて、ブログの価値を高めていきましょう。

 

まとめ

ブログの売却は、ブログ収益化の方法の1つです。

まとまった金額を受け取れるメリットがある一方で、売却時の手続きが面倒というデメリットがあります。

売却時の値段を上げるためには「PV数」「収益額」が重要です。

思った以上に高い値段で売れることもあるので、「アフィリエイト」「自社商品販売」に加えて、「ブログ売却」も選択肢の1つに入れてみてください。

-ブログ収益化方法

© 2021 ブログを始める人が読むブログ|アクセスアップ・集客・収益化も丁寧に解説 Powered by AFFINGER5